Thumbnail of post image 065

結婚さえすれば幸せになれると思っていた燈子だったが、気づけば夫の人生を支えるだけの脇役になり、虚しさに襲われるばかりの日々。養ってもらっている以上自由はない中で、せめてもと近所に新しくできた喫茶店でひとときの休息を得るように。そうして ...